bg.jpg

児島のジーンズ史などについて学べる2つの資料館

公開日: 特集

▼ジーンズミュージアムの展示

d140111-museum10.JPG

ジーンズ好きなら大人も楽しめるし、子供の自由研究などにもよさそうなのが、ジーンズに関する2つの資料館。

それぞれ展示してあるものや内装の雰囲気が違うので、興味と時間があれば、両方行ってみることをオススメします。

どちらも入館無料です。

ジーンズメーカー・ベティスミス運営の「ジーンズミュージアム」

d140111-museum02.JPG

ジーンズミュージアムは、児島の老舗ジーンズメーカー「ベティスミス」が運営する資料館。

アメリカでジーンズが生まれてから今に至るまでの歴史や、ジーンズの製造工程について学ぶことができます。

解説ボードのほか、年代もののジーンズや、ミシンなどの製造機械、綿花、デニム生地、ダメージ加工用の石なども展示されています。

詳しくは以下の記事で。
→ 児島の観光施設: ジーンズの歴史や製造工程について学べる【ジーンズミュージアム】

地元のレストラン・ワーゲンが運営する「国産ジーンズ資料館」

d140110-wagen03.JPG

国産ジーンズ資料館は、地元レストランの店主さんがボランティアで運営している資料館。

日本で初めてジーンズを作ったビッグジョン(旧・マルオ被服)の協力のもと、国産ジーンズが作られはじめた1960年代~80年代頃までの国産ジーンズが数多く展示されています。

中でも最も貴重なものが、日本で初めて作られた「キャントン」ブランドのジーンズ。マルオ被服が、キャントンミルズ社のデニム生地を使って国内で初めて縫製したものです。

国産ジーンズ資料館は通常閉まっているので、見学希望の方は、レストラン・ワーゲン(wagen)で見学したい旨お伝えしてください。店主さんが案内してくれます。

お話好きで、ジーンズ愛あふれる店主さんとジーンズトークで盛り上がれるカジュアルな資料館です。

詳しくは以下の記事で。
→ 児島の観光施設: 日本で最初に作られたジーンズが見学できる【児島・国産ジーンズ資料館】

スポンサード・リンク

関連記事

児島のB級グルメ: たこしお焼きそば食べ歩きレポート・2013年3月版

「たこしお焼きそば」は、児島で今イチオシされてるB級グルメ。児島・下津井エリアの特産品「タコ

記事を読む

児島に行くなら見ておきたい2つの乗りもの~ジーンズバス&ジーンズタクシー

児島のジーンズに関する名物としてネタ的にこれは見逃せない!と思うのが、「ジーンズバス」と「ジーン

記事を読む

海産物・お土産もののお買物は、児島駅近くの岡山漁連「ふゅ〜ちぁ〜」が便利。

児島のお土産のお買い物には、児島駅の近くにある岡山漁連の水産物展示直販所「ふゅ〜ちぁ〜」が便利で

記事を読む

児島のジーンズ屋さんのデニム雑貨・特集(2013年3月版)

児島では、多くのジーンズ屋さんでデニム生地の雑貨や小物が販売されています。▼ベティスミスのペンケ

記事を読む

児島旅行にいく友達にオススメしたいグルメ3選・2013年3月版

友達に「今度児島に行くんだけどどこがオススメ?」と聞かれたらここをオススメしたいなというお店につ

記事を読む

藍染(あいぞめ)製品が豊富に揃う工房直営店・特集

▼藍染めの液デニム以外の児島の特産品の1つとして、藍染(あいぞめ)製品があります。藍染めと

記事を読む

児島駅にあるもの、ないもの。

旅行に行く前、児島駅にどの程度の施設・設備があるかわからずスケジュールが立てづらかったので、何が

記事を読む

児島で藍染(あいぞめ)体験ができる2つの施設

児島には、藍染めの体験をできる施設が2つあります。どちらも実際に製品を作っている藍染めの工房です

記事を読む

児島の2つの観光エリア ~ジーンズストリートとジーンズヴィレッジ~

児島でジーンズに関する名所巡りをする場合、まずは、2つのエリアを頭に入れておくと計画が立てやすくなり

記事を読む

サイト内検索

  • 岡山デニム・ジーンズ情報ガイド "おかでに" は、PCでもスマホでも読めるウェブマガジン♪

    「おかでに」は「岡山デニム・ジーンズ情報ガイド」のなかの「おかやまでにむ」の略です。

    旅のおともにしてほしいプチ観光案内から
    各ブランドのネット通販情報まで

    ちょっと語れるウンチクから
    いまが旬!な最新情報まで

    岡山のデニム情報を幅広くお届けします。

    ジーンズ大好き!おかでにスタッフが、岡山のジーンズブランド、デニム関連の観光施設、商工会議所などへの取材をもとに執筆しています。

PAGE TOP ↑